像観光協会HPへ戻る

ぼかし肥料とは、玄海のホテル・旅館・飲食店から出た生ごみを、生ごみを肥料化する技術によって精製された肥料のことです。

ぼかし肥料はあらかじめ発酵されてあるため未発酵の有機肥料に良く起こるガスや酸による害が無く安全に使用することができます。
また、未発酵の有機肥料よりも効果が断然早くさらに長時間効果が持続します。
ぼかし肥料には有用な微生物がたくさんいます。この微生物が植物を病気から守り、根の働きを活性化させ新鮮でおいしい野菜ができるのです。

* ぼかし肥料の特徴 *
安心・安全
自然に生息している微生物を利用するため、人間にも植物にも安全です。
生産物の向上
野菜や果物に使用した場合は、糖度が高く、また収穫量の増加が期待でき、花類に使用した場合は色鮮やかに咲きます。
土壌改善
継続して使用することで、農薬や化学肥料などで死んでしまった土を再び蘇らせることができます。


 
ぼかし肥料を地元の農家の方々に提供し、その肥料で作られた野菜や果物は小売店で販売されたり、ホテル・旅館・飲食店で食材として使用されます。

ぼかし肥料を使用して生産された野菜や果物には上記のシールが
貼られています
。 よくお確かめになってお買い求め下さい。



玄海のホテル・旅館・飲食店から出る生ごみを回収し、計量を行います。
ぼかし肥料はこの機械(生ごみ乾燥機)を使用して生成されます。集めた生ごみを一度に約200Kg処理することができます。生ごみを乾燥機の中に投入し、生ごみを羽根で 破砕し乾燥します。
玄海のホテル・旅館・飲食店から出る生ごみを投入し破砕して乾燥させると、約200Kgの生ごみが減質量率約72%となり、約65Kgの乾燥物が生成されます。
生成した乾燥物に米糠、麦粕、大豆粕等を 3:7 の割合で混ぜ合わせ熟成させるとぼかし肥料が出来上がりです。
そして地元農家の方々に出来上がったぼかし肥料を使用し野菜を栽培していただきます。
そしてその野菜は、ぼかし資料で作った野菜としてブランド化され、現在すでに地元のホテル・旅館・飲食店で料理の食材として出されたり一般向けに販売されたりしています。
このサイクルを繰り返すことで食と農の資源循環サイクルというシステムを確立させてゆきます。

 


トップページへ戻る

 

Copyright(c)むなかたにぎわいプロジェクトAll Rights Reserved.